×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 紅く染まった虚空を見て、重なる痕から眼を逸らし。
 幾度と願った場所には到達できず、幾星と想った人には届かない。
 壁に手を伸ばせば虚無を知り、チカラを使えば心が痛み。
 
 ノイズが奔る―――――。
 
 産まれた時の温もりすら知らず、落とされた時には既にいた憂いと哀しみ。
 ダレを眼にするでもなく、ナニを想うでもなく。ただ囲まれた牢獄の中、私は哀願した。
 外にでたい。ただ、それだけを。

 眼に見えて煩わしいクロとシロ―――――。

 声は聞き届かない。無の世界に幽閉されたここは誰ぞいることはおかしい場所。
 ただ一人、私以外を除いてはその存在すら許されない。
 誰か―――。叫ぶ、届かない。
 誰か―――。叫ぶ。届かない。
 ダレか―――。叫び、願いを声に乗せる。
 ダレか――――。だが、やはり届くことは無い。
 これを続けて百年。そして私は気がついた。
 みんな遊んでいるのだと。私が怖がるのを、眼の届かない場所できっと見ているのだと。

 転がるエモノを手に取り、振り祓エ―――――。

 それから声を上げることはしなくなる。
 響いた声は闇に吸い込まれ、なにも訪れない世界が訪れる。
 無意味、無声、無感情。無碍、無意識、無頓着。
 いつしか、目の前には夢ができていた。

 私ノ心を見ルナ、出て行ケ―――――。

 初めはなんだっただろうか。
 自分に似た壁、ただ其処にいるだけで何も喋らない人形。
 こちらを見ているだけで話しかけもせず、ただ眼が死んでいるだけ。
 勿論喜んだ。誰かに会えたのは初めてだし、いてくれるだけで何かが拭えた気がした。
 話せなかったが、私はその女の子も遊んでいるのだと思った。にらめっこをしているんだと。
 だから今度は話しかけないで、じっと見た。いつまでもみ続けた。
 そうして、また百年が過ぎた。

 ドウシテ、ドウシテダレも話シテクレナイノ―――――。

 やがて遠い遠い世界の向こう。
 忘れかけた記憶の螺旋に響く、和音。忘れようと深淵に埋没した懐郷を拾う、音色。
 それは声だった。確かな残響が鼓膜を通して、脳で理解する。
 かーごーめーかーごーめー。
 かーごのなーかのとーりーはー。
 いーつーいーつーでーやーるー。
 よーあーけーのーばーんーにー。
 つーるとかーめがすーべったー。
 うしろのしょうめんだーれ。
 二つの音が重なって、やわらかくも楽しい調を奏でる。
 踊ってしまいたくなるほどに心が絞られる。ただの音だというのに、こんなにも私の欲が疼く。
 もっと。
 もっと聞いていたい。あの楽しい音色を、満足するほどに聞き続けていたい。
 願い願い願いを続け、そして届いてくれと優媚に叫ぶ。
 だが、それからもう間もなくして音色は途絶えた。
 更に百年経った、ある夕闇感じる時のこと。

 ヒトリハイヤナノニ―――――。

 願いは壊れ、手を伸ばせば滅す。
 やがて時は流れ、流す哀しみも愁の営みは飲み込んでいく。
 もはや聞こえるのは自らの心音。定期とも不定期ともズれた流れに心委ね、ただ独り膝を組む。
 どこから運ばれてくるかもわからないご飯というもの。
 拒否権の無い知識の流動。
 年を重ねるごとに退屈を増し、面白くないと世を謳う。
 謳うことに罪は非ず。ただ退屈を紛らわすための法は自らを刻む時の性。
 確かなこと。今私を縛るのはただその一つだけ。
 私のいる世界は、どうしようもなく優しく、そしてどうしようもなく残酷。
 時が加速する。
 また百年の年月が過ぎた。

 タスケテ、タスケテ、タスケテ―――――。

 長きに渡る歳月の先。
 自らのか、それともご飯と呼ばれたそれか。足元に広がる真赤な湖面。
 指先から滴る液体が吸い込まれていく。湖が波紋を生み広げ、やがては収まっていく。
 一つではない。繰り返しを繰り返し、波紋は幾つも広がり共振が生まれる。
 壊れるが生まれる。真逆の法則を創り上げた私の手が、今はただ虚しい。
 願うことも忘れ、欲することを削り、私の胸にあるのは一つの悪魔的希望。
 対となる私のチカラが二つを生み出したのならば、できなくないはずだ。
 ただ、一度の――でいい。

 タスケテ、レミリアオネエサマ―――――。

 そして、四百と九五年が終わり。
 願いの叶う日がやってきた。

 

「―――――――――さぁ、何して遊ぶ?」

                                                    END


戻ります?